» 紙媒体の種類と人材・求人募集で間違っちゃいけないこと

人材募集や求人募集を行う紙媒体の種類

人材募集・求人募集をする際に広告を出しますが、紙を使った広告には以下の種類があります。
・求人誌
・地域の情報誌
・フリーペーパー
・チラシ(折込・ポスティング)
その他、会社のパンフレットや資料も紙媒体に入りますね。
 
 
と言っても、紙媒体の広告は大きく分けて【チラシ(折込・ポスティング)】か【求人誌・情報誌】の2つ。
まずは、この2つの人材・求人の募集(広告)を利用する際に間違っちゃいけないことをご紹介します。
  

人材・求人募集(広告)で間違っちゃいけない!

人材・求人募集の広告を利用する際、間違っちゃいけないことを知っておきましょう。
なぜなら、間違った求人・人材募集(広告)を行うことで、人が集まらない上にお金や時間を無駄にするからです。
 
 
 
なので、人材募集をするときは正しい手順でリサーチをして、ターゲットを決めましょう。
そのうえで、ターゲットの生活動線上にある媒体(広告)を利用することが絶対条件になります。
 
 
ここで間違っちゃいけないのが、費用対効果を念頭に置きターゲット設定をしないで広告を出すこと。
費用対効果を考えた求人・人材募集は必ずと言っていいほど失敗します。
 
 
ただ、広告費を一気にガンッと掛けられない場合、
少しのものからテストしていこうかなっというのは良いと思いますよ。
 
 
ちなみに、この人材・求人募集で間違っちゃいけないことは、紙媒体でもWEB媒体でも共通して言えます!
 
 
 
あなたは大丈夫?当てはまっていたら即改善!気になる方はコチラの記事をチェック

中尾 隼人(なかお はやと)
企業に変わって年間500名以上の求人応募を集める採用サイト制作、求人広告専門のコーチ

1500人規模の上場企業で、営業未経験であったにもかかわらず毎年TOPセールスを記録。
実はもともと人見知りの性格だったため、入社当初に教えられた営業手法が肌に合わず、どうにか生き残りをかけて 試行錯誤した結果、「売込みをせずに商品を販売する方法」を確立し成果を出し続けた。 その後、広告代理店での企画・マネジメント経験を得て、2012年2月に独立。
現在は当時の手法を応用し、「自分の強みに焦点を当てて臨んだ人材を引き寄せる方法」を構築。
人材募集のコーチとして全国の企業に対し求人成功のサポートをしている。
  • %d人のブロガーが「いいね」をつけました。