» ハローワークで望んだ人材をピンポイントで募集できる!?

ハローワークだけで望む人材が集まる!?

私達がお手伝いをする際に望んだ人材を集めることができるとお伝えしています。
しかし、ハローワークのみで望む人材がピンポイントで集まるかというとそれは別です。
 
全くでき無いわけではありませんが、結構難しい・・・。
 
それはなぜか、前記事でも書いていますが、
求人票の仕事内容やフリースペース、特記事項のところに常識の範囲内でメッセージを書く。
こうすることで他社との差をアピールができ、人材が集まる仕組み。
 
しかし、仕事内容が想像しやすい仕事であればできることなのです。
 
 

少なければ少ないほど不利!

逆に言えば、仕事がちょっとわかりづらくて複雑だとか、あまり認知されていない仕事だった場合…
300文字では仕事内容も良さも伝えきれないですよね。
 
情報が少なければ仕事に対して、想像ができない…未来が見えない…
それでは人が集まるわけがありません。
 

人材募集の秘策!?

さて、300文字で書いきれない…あまり認知されていない仕事…だとしたらどんな風にするのか。
 
答えは、、、内容を濃く知ってもらうことです。
 
つまり、ホームページに飛んでもらったり、パンフレットなど見てもらう。
もしくは説明会に来てもらうとか…多くの情報を載せられる広告を見てもらわないと伝えられないですからね。
 
 

説明会の落とし穴…

百聞は一見に如かず!と説明会を開けばいいという問題でもないのが大変なところ。
複雑な仕事だと説明会にすら興味を持ってもらえない問題が出てきます。
 
となると、複雑なお仕事であれば、説明会の前に自分で簡単に調べられるように
ホームページや資料請求をしてもらうことが重要になってきます。
 
 

結果。。。

ハローワークだけで望んだ人材を集めることはできないことはありません。
人材募集の際に、その職場で働くメリットや仕事の流れ、内容というものを求職者に見える(想像できる)
状態が完璧にまとまった求人票であればできます。
 
逆に複雑な仕事で想像が難しいのであれば、ホームページやパンフレットの作成、説明会の開催
しないといけなくなるということ。
 
ただ、一般的な仕事でもほとんど情報は足りていないと思いますよ。
足りていれば、僕たちの会社でお手伝いすることもないと言えますから!笑
 
 
 
 
 

望む人材を募集するのに間違ったお金の使い方をしていないか知りたい方はこちらの記事をチェック!

 
 

中尾 隼人(なかお はやと)
企業に変わって年間500名以上の求人応募を集める採用サイト制作、求人広告専門のコーチ

1500人規模の上場企業で、営業未経験であったにもかかわらず毎年TOPセールスを記録。
実はもともと人見知りの性格だったため、入社当初に教えられた営業手法が肌に合わず、どうにか生き残りをかけて 試行錯誤した結果、「売込みをせずに商品を販売する方法」を確立し成果を出し続けた。 その後、広告代理店での企画・マネジメント経験を得て、2012年2月に独立。
現在は当時の手法を応用し、「自分の強みに焦点を当てて臨んだ人材を引き寄せる方法」を構築。
人材募集のコーチとして全国の企業に対し求人成功のサポートをしている。
  • %d人のブロガーが「いいね」をつけました。