» ハローワークに求人申込書(求人票)を出すだけじゃ人材は集まらない?

 ハローワークだけの人材募集はダメ?

様々な人材募集の媒体があると言っても、殆どの方がハローワークを利用していると思います。
そんな中、ハローワークで求人票を出しても一向に人が集まらないと、「ハローワークだけの人材募集はダメなのか」という質問もよくあります。

その答えは、ダメではありません。

※ハローワーク:申込みまでの流れと求人申込書(求人票)の書き方を知りたい方はコチラをチェック

しかし、人材不足が続いているのであれば、当然、他にも求人広告を出したほうがいいです。
でも、ハローワークでは応募の力が弱いのかと言われると、一概にそうとはいえません。

実はハローワークもやり方を変えるだけで、結構強力な人材募集のツールにすることができてしまうんです!

正しい答えだけじゃ人材は集まらない

ハローワークで求人票を出稿する時は、普通だと窓口の担当者に「求人の申込み用紙を埋めてください」と渡されますよね?
そして求人申込書(求人票)に何を書いていくのかといえば、当然、項目ごとに聞かれた内容に答えを記入していきます。

企業名とか所在地とか、基本給だとか待遇とか、、、。

実はこの書き方だと、ただの普通のハローワーク記事(求人票)になってしまいます。

もし、人が集まるハローワークの求人票を作りたいなら。
この求人申込書の書き方に一捻りを加える事が重要になってくるんです。

殆どの人は、ハローワークの求人申込書(求人票)じゃ差がつけられないと思っているとおもいます。

もちろん、会社名とか、給料とか事実を変えることはできません。
でも実は、「仕事の内容」とか、「特記事項」の部分はフリースペースだから常識の範囲内で好きに書いていいわけです。

そして、、、
このフリースペースの使い方こそが、他社に差をつけて魅力的な人材募集記事(求人票)をつくるカギになるのです!!

 

具体的な人材募集記事(求人票)の書き方についてはこちらの記事をチェック!

中尾 隼人(なかお はやと)
企業に変わって年間500名以上の求人応募を集める採用サイト制作、求人広告専門のコーチ

1500人規模の上場企業で、営業未経験であったにもかかわらず毎年TOPセールスを記録。
実はもともと人見知りの性格だったため、入社当初に教えられた営業手法が肌に合わず、どうにか生き残りをかけて 試行錯誤した結果、「売込みをせずに商品を販売する方法」を確立し成果を出し続けた。 その後、広告代理店での企画・マネジメント経験を得て、2012年2月に独立。
現在は当時の手法を応用し、「自分の強みに焦点を当てて臨んだ人材を引き寄せる方法」を構築。
人材募集のコーチとして全国の企業に対し求人成功のサポートをしている。
  • %d人のブロガーが「いいね」をつけました。