ハローワークで他社の人材募集に〇〇で差をつける! | 採用サイト・求人広告専門の制作エバーライド

他の人材募集に埋もれさせない!

ハローワークに来るほとんどの目的は就職、転職、職業訓練などなど…。
 
その中でいかに自社の求人票を見てもらうかが勝負になります。
ココでは埋もれない・スルーされない人材募集(求人票)の出し方をお教えします。
 
 

やっぱり高額なお給料が注目の的!?

ハローワークの膨大な求人票に自社の求人票が埋もれずスルーされないようするには…
高額な賃金が必要なんでしょ?と思われがち。
 
 
ですが、そんなことはありません。
 
 
もちろん、お給料が高ければ高いほど有利なのは当たり前です。
しかし、お仕事を探す際、大体いくらまでと幅をもたせて検索するんですよ。
そこが狙い目。
 
金額が平均もしくは平均よりも少し低いぐらいでもチャンスはあります!
なので、お給料は抑えたいという事業所でも、平均の下限には必ず入ることです。
 
 

下限を下回る数字は問題外!

平均の下限に入る人材募集であれば、求職者の候補に入れる可能性があります。
しかし、下限を下回る額は求職者の生活ができないため、人が集まることはないでしょう。
 
になるということ!
しかし、幅がありすぎる金額の境目がいくらか気になりますよね。
 
正直、こればかりは明確には言えないです。
 
ただ、上限が手取り19万円だったとします。求職者は18万円くらいだったらいけるなって。
一人暮らしもできる18万円くらいがほしいなって思っているとします。
 
その時に、15万5千円で戦えるかと言うと厳しいですよね。。。
でもそれが、16万5千円くらいだったら大丈夫かも。とそんな感じです。
 
 
ただ、これだけは言えます。
それは、相手に正しい情報を伝えられれば伝えられるほど、
相手が考える下限であったとしても十分に戦えるということです。
 
つまり、情報量で他社に差をつけるのです!
 
 

情報量が人材募集の決め手!

ハローワークの手当の部分が書きづらいんですよね。
A+B+Cと手当が沢山あったとしても、基本給の部分が書ききれないとか…
他に手当がきちんと足されてない合計金額が出てるとか。
 
それはとっても損なとこなのです。
 
給料の部分って基本給A+手当B=総額Cのように出てくるんですよ。
特記事項や備考欄に手当がたくさん書いてあっても足されず、そこで漏れてしまったり。。。
 
なので、Bの手当の所になるべく書けるようにしておきましょう。
そしてきちんと正しくリサーチをした情報を載せることで他社の人材募集情報に埋もれることなく人を集めることができます。
 
 
他の差のつけ方を知りたい方はコチラの記事をチェック!
 
 

中尾 隼人(なかお はやと)
企業に変わって年間500名以上の求人応募を集める採用サイト制作、求人広告専門のコーチ

1500人規模の上場企業で、営業未経験であったにもかかわらず毎年TOPセールスを記録。
実はもともと人見知りの性格だったため、入社当初に教えられた営業手法が肌に合わず、どうにか生き残りをかけて 試行錯誤した結果、「売込みをせずに商品を販売する方法」を確立し成果を出し続けた。 その後、広告代理店での企画・マネジメント経験を得て、2012年2月に独立。
現在は当時の手法を応用し、「自分の強みに焦点を当てて臨んだ人材を引き寄せる方法」を構築。
人材募集のコーチとして全国の企業に対し求人成功のサポートをしている。